non173

就職活動において転職理由は、後ろ向きなものや否定的な由ではなく前向きな理由、


肯定的な理由の方がはるかに望ましいとことだ考えられています。


実際問題として心の底からプラスのみの転職理由で仕事を辞める人はどれほどでしょう。


今の会社には不満も何もないけれど、


別な会社で自分の力を伸ばしたいと曇りのない心で言える人はごく少数ではないでしょうか。


「残業が多くて仕事がきつく体が保たない」「会社の人間関係がうまくいかない」などが


一般的に仕事を辞める理由の上位を占めるようです。


けれど普通前向きな転職理由が転職活動では求められることになります。


だからといって転職理由が給料が安い、嫌な上司がいる、仕事がきついという、


いわゆる後ろ向きなもので辞めることはよくないという訳ではまったくないのです。


自分の中で転職理由をはっきりさせないで、


今の環境をとにかく脱出したいという一心で会社をやめてしまうことは問題があるのではないでしょうか。


そのような状況では転職活動で仕事を探す際のためにはならないでしょう。


転職理由を明確にできないまま新しい仕事についても無意味です。


そのような状態では同じような状況にいつの間にか陥りがちだといえるでしょう。


転職活動でのべる転職理由はどうあれ、


実際に仕事を辞める際の転職理由は後ろ向きでも逃げでも構わないのではないでしょうか。


転職活動で重要なことは、その転職経験から何を得るかなのだといえるでしょう。