businesswoman

外資系企業に転職するといったいどのような利点があるのでしょうか。


外資系企業に転職するにあたっての一番のメリットは、


経歴・学歴・性別・年齢などによる差別がないのことではないでしょうか。


誰にでも実力さえあれば外資系企業への転職が可能であるといえるのではないでしょうか。


女性管理職の比率は、外資系企業では日系企業よりはるかに高いのも特色だといえます。


昇進が性別に関係なく頑張れば可能であるということがひとつのメリットだといえます。


きっちり人事評価をするのが外資系企業であり、昇給、昇進、降格などはシビアです。


外資系企業への転職のメリットは、自分が頑張った分だけその成果がわかりやすくあらわれるので、


それを機会に自分の実力を正統に評価かしてもらえるということではないでしょうか。


若くても実力があれば、年功序列型の日本企業と違って外資系企業に転職することで、


責任ある役職について高い収入を稼ぐこともできるでしょう。


外資系企業は会社に迷惑をかけない限り、


社員のプライベートにはいっさい干渉することはありません。


ですから極端なことを言えば社内で不倫カップルが堂々とランチに行くこともできるというような話しも


あるのです。また上司にプライベートなことで呼び出されるようなこともありませんし、


外資系企業は年功序列でない、名前を呼ぶときは肩書きではなく、


さんづけで呼ぶなどの特徴があるせいか部下を怒鳴り散らすような上司や先輩はほとんどいないでしょう。


他のメリットは、オフィスがキレイ、出張旅費に余裕があるなどがあります。


日本企業と外資系企業の違いを認識することが転職成功へのポイントです。


関連ブログ>>バイトか派遣か?海外で働く方法