転職支援サービスか?人材派遣か?転職するならどちらを選ぶ?

転職するなら転職支援サービスか?人材派遣か?どちらが良いのか?日本では終身雇用という考え方がほとんど消えつつある中、よりよい職場を求めて転職活動をする人が増加しています。転職する際に知っておくべき基本的知識、外資系に転職したい場合の知っておくべきこと、女性の転職について書いています。

2014年12月

non170

事務ワーク系の中でも派遣会社で人気のある仕事のひとつに、あまり聞きなれないですが、営業アシスタントという仕事があります。営業アシスタントというのは、様々な面から営業スタッフをサポートするのが主な仕事です。スケジュール管理やプレゼンテーション用資料の作成などの準備をします。営業スタッフが注文を受けてきた製品のストックの確認と納品の手配や納入時期の交渉もします。

他にも営業アシスタントの仕事には、見積もりや請求書の作成、伝票処理などがあります。主に社内の各部署と連絡を取りながら行っていくのが、営業アシスタントのお仕事内容です。ワープロソフトや表計算を使いこなせる必要があります。様々な書類を作成することが多々あるからです。営業スタッフは外出していることが多いため、代わりに顧客からの電話を受ける必要もあります。

ビジネスマナーや言葉遣いも身につけておきたいスキルです。扱う商品の知識やシゴト全体の状況を出来るだけ把握してスムーズに対応できるようにしておく必要が営業アシスタントの仕事にはあります。作業は会社内だけではありません。出張する営業スタッフのためのチケット手配や、顧客への届け物など外出する機会もあるのです。営業アシスタントの仕事は、その名の通り営業スタッフのアシスタントをするお仕事なのです。

082127

年々日雇いバイトをする人が増えています。では日雇いバイトを選ぶ理由にはどんなことがあるのでしょうか。日雇いバイトを選ぶ理由について一番多いのは、気持ちが楽という事が上げられます。会社員として企業に就職して仕事をするうえで、一番多く出てくる問題があります。

それは仕事内容よりも職場の人間関係の問題です。職場の人間関係などはほとんど無いようなものが、日雇いバイトの特徴です。人間関係によるストレスはほとんどありません。ですから楽に仕事ができるのです。仕事の責任の少なさも、日雇いバイトを選ぶ理由のひとつとしてあげられます。同じ会社で長く働いていると、責任のある仕事を任せられるようになります。この責任の重さがストレスになってくるのです。その日だけの仕事なので、責任はほとんどないのが、日雇いバイトの仕事です。仕事のわずらわしさや、人間関係で悩むことはほとんどないでしょう。

派遣会社の日雇いのシステムの普及も、日雇いバイトが選ばれる理由として考えられます。携帯で手軽に日雇いバイトの情報を入手することができる仕組みです。派遣会社に登録さえしておけば、次の日から簡単に仕事ができるので日雇いバイトが増加しているのです。仕事の内容や職場の人間関係のわずらわしさが無い手軽な日雇いバイトは今後も選ばれていくのではないでしょうか。

non171

リクルートキャリアが9月29日、転職に関する調査結果を発表したそうです。調査は2013年12月から2014年5月の間に転職を実現した2,274名(回答者527名)を対象に、8月26日から31日にかけて実施したもの。

調査結果によると、転職の理由を複数回答方式で聞いたところ「会社の将来に不安を感じて」が44.6%で最も多かったそうです。次の理由は、「時間的・精神的なゆとりを求めて」(28.3%)、「年収アップ」(27.7%)、「他の会社で今のキャリアをこれまで以上に伸ばしたかった」(26.8%)などが続きました。最近は会社の寿命がどんどん短くなっている感はありますね。あの大企業が破産手続き!?というニュースをよく見かけるようになりました。

会社の将来に不安を感じてということは、会社が守ってくれるという前提なのでしょうか。裏側には「自分の将来に不安を感じて」という理由があるように思えます。友達や知り合い、元同僚にもきいても会社の将来に不安を感じてと言った人はいなかったように思えます。2番以降の理由、時間的なゆとりを求めて、だったり年収アップの理由が多かったように思えます。

↑このページのトップヘ