転職支援サービスか?人材派遣か?転職するならどちらを選ぶ?

転職するなら転職支援サービスか?人材派遣か?どちらが良いのか?日本では終身雇用という考え方がほとんど消えつつある中、よりよい職場を求めて転職活動をする人が増加しています。転職する際に知っておくべき基本的知識、外資系に転職したい場合の知っておくべきこと、女性の転職について書いています。

カテゴリ: 転職理由

non171

リクルートキャリアが9月29日、転職に関する調査結果を発表したそうです。調査は2013年12月から2014年5月の間に転職を実現した2,274名(回答者527名)を対象に、8月26日から31日にかけて実施したもの。

調査結果によると、転職の理由を複数回答方式で聞いたところ「会社の将来に不安を感じて」が44.6%で最も多かったそうです。次の理由は、「時間的・精神的なゆとりを求めて」(28.3%)、「年収アップ」(27.7%)、「他の会社で今のキャリアをこれまで以上に伸ばしたかった」(26.8%)などが続きました。最近は会社の寿命がどんどん短くなっている感はありますね。あの大企業が破産手続き!?というニュースをよく見かけるようになりました。

会社の将来に不安を感じてということは、会社が守ってくれるという前提なのでしょうか。裏側には「自分の将来に不安を感じて」という理由があるように思えます。友達や知り合い、元同僚にもきいても会社の将来に不安を感じてと言った人はいなかったように思えます。2番以降の理由、時間的なゆとりを求めて、だったり年収アップの理由が多かったように思えます。

non173

就職活動において転職理由は、後ろ向きなものや否定的な由ではなく前向きな理由、


肯定的な理由の方がはるかに望ましいとことだ考えられています。


実際問題として心の底からプラスのみの転職理由で仕事を辞める人はどれほどでしょう。


今の会社には不満も何もないけれど、


別な会社で自分の力を伸ばしたいと曇りのない心で言える人はごく少数ではないでしょうか。


「残業が多くて仕事がきつく体が保たない」「会社の人間関係がうまくいかない」などが


一般的に仕事を辞める理由の上位を占めるようです。


けれど普通前向きな転職理由が転職活動では求められることになります。


だからといって転職理由が給料が安い、嫌な上司がいる、仕事がきついという、


いわゆる後ろ向きなもので辞めることはよくないという訳ではまったくないのです。


自分の中で転職理由をはっきりさせないで、


今の環境をとにかく脱出したいという一心で会社をやめてしまうことは問題があるのではないでしょうか。


そのような状況では転職活動で仕事を探す際のためにはならないでしょう。


転職理由を明確にできないまま新しい仕事についても無意味です。


そのような状態では同じような状況にいつの間にか陥りがちだといえるでしょう。


転職活動でのべる転職理由はどうあれ、


実際に仕事を辞める際の転職理由は後ろ向きでも逃げでも構わないのではないでしょうか。


転職活動で重要なことは、その転職経験から何を得るかなのだといえるでしょう。

non171

転職を決めるときには、転職理由を明確にしておく必要があるのではないでしょうか。


今の仕事を辞めることが自分のためになると確信するためにも、


新しく仕事を探すためにも重要なことです。


転職を考えている人はたくさんいますが、


何となくで転職を考えている人は就職活動にも障りが出ます。


結果的に仕事を辞めたことを後悔することになるかもしれません。


転職理由は退職理由に繋がりますから、


辞めてしまってから転職理由を考えていては遅すぎます。


辞める前に、今の職場環境をもう一度見つめ直しましょう。


現在の状況を振り返ってみて、自分自身で何が転職理由なのかを明確にすることがポイントです。


こうすることで、今の問題を取り除く方法が仕事を辞めなくても見つかる可能性があります。


上手な転職、上手な離職をするための第一歩は、転職理由を明確にさせることなのだといえます。


自分自身を納得させることができないような転職理由では面接のときに相手を納得させることはできません。


また転職に関して家族の反対に遭うということもあります。


動機を見定めて目標をはっきりさせてから、新しいことを始めましょう。


まずはその目標に進む計画をしっかり立てることから始めるとよいかもしれません。


転職理由は就職活動のためだけに必要なものではなく、


自分自身の将来を見定めるための指針として活用すべきものです。

↑このページのトップヘ