転職支援サービスか?人材派遣か?転職するならどちらを選ぶ?

転職するなら転職支援サービスか?人材派遣か?どちらが良いのか?日本では終身雇用という考え方がほとんど消えつつある中、よりよい職場を求めて転職活動をする人が増加しています。転職する際に知っておくべき基本的知識、外資系に転職したい場合の知っておくべきこと、女性の転職について書いています。

タグ:派遣

non170

事務ワーク系の中でも派遣会社で人気のある仕事のひとつに、あまり聞きなれないですが、営業アシスタントという仕事があります。営業アシスタントというのは、様々な面から営業スタッフをサポートするのが主な仕事です。スケジュール管理やプレゼンテーション用資料の作成などの準備をします。営業スタッフが注文を受けてきた製品のストックの確認と納品の手配や納入時期の交渉もします。

他にも営業アシスタントの仕事には、見積もりや請求書の作成、伝票処理などがあります。主に社内の各部署と連絡を取りながら行っていくのが、営業アシスタントのお仕事内容です。ワープロソフトや表計算を使いこなせる必要があります。様々な書類を作成することが多々あるからです。営業スタッフは外出していることが多いため、代わりに顧客からの電話を受ける必要もあります。

ビジネスマナーや言葉遣いも身につけておきたいスキルです。扱う商品の知識やシゴト全体の状況を出来るだけ把握してスムーズに対応できるようにしておく必要が営業アシスタントの仕事にはあります。作業は会社内だけではありません。出張する営業スタッフのためのチケット手配や、顧客への届け物など外出する機会もあるのです。営業アシスタントの仕事は、その名の通り営業スタッフのアシスタントをするお仕事なのです。

non170
転職支援サービスと同じようなものに人材派遣がありますが、


この人材派遣とはどのような違いがあるのでしょうか。


実際に働く会社との間に雇用契約を結ぶわけではないのが、人材派遣会社というものです。


まずは派遣会社と雇用契約を結び派遣先企業で仕事をすることになるでしょう。


派遣先企業で仕事をする場合、給与は人材派遣会社から支払われます。


転職支援サービスを受けて、転職活動した場合には


正社員として紹介された企業と雇用契約を結び働くことになります。


大きな違いは雇用契約を結ぶ先の違いになります。


人材派遣と転職支援とは仕組みそのものが違うのです。


インターネットで転職を検索するとさまざまな求人情報が


掲載されている転職情報の求人サイトを見つけることができます。


一般に公開された仕事情報が、求人サイトの情報ということになります。


面接・選考・採用の決定まで話を進めていくことになるのは転職希望者であり、


直接求人企業とやり取りすることになるでしょう。


転職支援サービスの場合はすべてをコーディネートすることになっていますので、


応募企業の選択の段階から面接の調整、採用時の条件交渉までまかせることが可能です。


これらの転職に関わるサービスはすべて無料で受けられるのが転職支援サービスのようです。


いろいろな転職を支援するサービスや仕事を探す方法が、


転職するときには選択できるでしょう。


転職活動は自分なりに調査して一番自分に合った方法でを行いましょう。


そして転職を成功させましょう!

↑このページのトップヘ